クロナゼパム

クロナゼパム
クロナゼパム(クロナゼパム)がベンゾジアゼピン・ベースの抗てんかん薬
筋弛緩薬、非常事態のために強い抗不安薬。分子式は、C15H10ClN3O3です。
「ランドセン」(中外製薬)による日本の大日本住友製薬(株)からの「リボトリール」と
呼ばれている商標名で、それはリリースされます。1981年に開発します。


神経を静かにさせることができるので、絶え間ない足症候群またはパニック障害(他)のような
神経症で落ち込みのために使われるかもしれません。
抗不安薬アクション、痙攣を抑制する行動は他の薬より非常に強いです。
それがパニック障害のためにしばしば使われます。
そのうえ、発展を数十年のために取っておきます。
そして、それは使い果たされるいわゆる医療です。
そして、良い面は両方の悪い面でよいです。
そして、近年は、それが既知の医療であるので、よくて、パニック障害で使われます。


眠いこと、けだるさ、頭痛、集中低下、体重増加、体重減少、苛立ち、漂流に関しては
弱さ、失禁、性的な欲求低下、治療の感覚は、再び長期の間ケースと服用に
従い属国を生産するかもしれません。

タブレット:0.5mg、1mg、2mgのAn極微量穀物:0.1%、0.5%。

クロナゼパム むずむず脚症候群

このサイトについて

(C) クロナゼパム All rights reserved.