クロナゼパム パニック障害

パニック障害
パニック障害(あなたは背中にパニックをもたらさなければなりません)が
強い不安感を主要な徴候とみなす精神病の1つ。
パニック障害(パニック障害)と呼ばれています。
そして、それはパニック障害によってPDでスケッチされるかもしれません。
それは、従来は、不安神経症と呼ばれている(不安神経症は広い病気概念です。
そして、不安神経症と呼ばれているものの全てがパニック障害に対処するというわけではありません)
病気の一部です。

全般性不安障害を伴う不安神経症と呼ばれていました。
しかし、それは認められました、そして、アメリカ精神医学会が世界保健機構(WHO)の
国際疾病分類(ICD-10)によって1992年に1980年にそれをどこに提出したかはDSM-IIIで一度
病気の独立した名前として診断分類の1つで登録されました。
心因性障害で考えるより、それは最近脳機能障害とみなされるようになります。


典型的パニック障害は、突然起こるために、「パニック発作」から始まります。
必要でなくて、呼吸と心拍数を上昇させるけれども、本能的な危険を感じている扁桃体は
あまりに非常に活発で、戦いシステムです。
攻撃がいつ連続して繰り返されるかもしれないかについて怖い「予想不安」と
それによる徴候の慢性は、それを生じます。
さらにまた、長くなるように徴候が起こったとき、場面がそこで逃げられないことを避けます。
そして、生命範囲を制限する「広場恐怖症」が起こります。

クロナゼパム 神経症クロナゼパム むずむず脚症候群

このサイトについて

(C) クロナゼパム All rights reserved.