クロナゼパム 神経症

神経症
神経症(しんけいしょう)は精神医学の語です。
そして、それは主に、精神分裂症または躁鬱病より穏やかで、あなたに病因が薄紙状のものに
依存しない精神病をさせます。
わずかなパニック障害または強迫性障害は、これです。
これらがこれまでに不安神経症(強迫性神経症)と呼ばれていたので
全体的に神経症と呼ばれていました。
それは、現在精神医学の概念として捨てられます。


脳と体が少しの異常も持たなかったけれども、で前に、19世紀に、心(神経)が病気によって
襲われるようになると病気のためにそう叫びました。
アカデミックなの精神医学を作って、そして、町の開業医へのそれをしました。
そして、異常がなかったけれども、体と意識が奇妙になった精神病が体に未確認だったと思われました。
そして、神経症と呼ばれている名前はその頃そのような精神病に適用されました。
神経症に関しての精神分析と呼ばれている方法によって、フロイトが神経症の患者を
研究したことは、有名人です。

しかし、DSM-IV-TRまたはICD10のような記述診断基準
(病気の原因によって徴候によって診断するもの)が最近主流になったので
神経症が臨床診断としてめったに使われませんでした。 心医学世界で公になります。

クロナゼパム ベンゾジアゼピン離脱症候群クロナゼパム パニック障害

このサイトについて

(C) クロナゼパム All rights reserved.